シンユウの整体について

当サロンの整体は、「痛みがあるところだけ揉みほぐす」というような部分的に調整するような施術はせず、頭の先から足の先、そして手の指先までの全身の骨や関節の1つ1つを丁寧に細かくそしてマニアックに整体していきます。

頭の先から指先までというのは比喩的表現ではなく実際に頭蓋骨の調整や指の調整も行っていきます。

実際に全身細かく整体を行なっていくので1回の施術の時間が15分や20分で終わることはなく最低でも40分以上の時間をかけて身体の調整をしていきます。

骨格の調整や矯正と聞くと、バキッとゴリッと施術するイメージをお持ちの方も少なくないと思いますが、当サロンの頭蓋骨調整や全身の骨格調整は非常にソフトで寝息を立てられる方も少なくありません。

それほど心地よく痛みが少ない方法で調整を行なっていきますので安心していただければと思います。

また、なぜ部分的な施術ではなく全身の施術をしているのかというと単純に全身の施術の方が改善するスピードも早いですし身体のバランスの調整もしやすいからなんです。

部分的な施術で全身のバランスが整いにくいのは想像がつきやすいと思います。

なぜ改善するスピードも早いのかというと身体の不調のほとんどが、骨格や筋肉そして神経のバランスを崩していることが原因だからです。

特に骨格に歪みがあると普段から負担がかかりやすい動作になってしまい、身体に力が入りやすくなり筋肉を部分的に固まりやすくします。

筋肉が固まるとさらに骨格を歪める要因にもなりますし、血管や神経の圧迫・捻れにもつながります。血管や神経が圧迫され、通りが悪くなると免疫力や自然治癒力の低下にもつながっていきますので、お世辞にも良いとは言えません。

このようなことから当サロンでは全身の骨格の調整を大切にしています。

また、基本的に筋肉は骨についています。

筋肉は、骨格全体のバランスを整えていくことで勝手にある程度柔らかくなったり整えられたりするのですが、身体のバランスを崩し普段から力の入りやすい人や同じ姿勢で長時間過ごす仕事をされている方は筋肉が固まっているケースが多いです。

そのような人は、必要に応じて筋肉や筋膜などの調整も細かく行ない、骨格と筋肉・筋膜のバランスも整えていきます。

お話しを聞きながら整体をする。

静かに整体を受けたい。というクライアントさんには無理やりお話をするというわけではありません。笑

僕自身、整体を受けるときは先生に話を聞いてもらいながら整体を受けたいタイプで、悩み相談や近況報告、趣味のことなど先生に知ってほしいです。

話をすることでストレス発散にもなりますし、雑談から不調の原因が見えてきたりすることもあります。

僕たちのような仕事は信頼関係で成り立っているところがあります。お互いのことをよく知っていれば自然と信頼し合える関係になっていくし安心してカラダを任せていただくことができるかと思います。

僕は整体を受けるときに信頼できない先生にカラダを預けたくないです。また不信感とかを抱えたまま整体を受けても思うような効果は出ません。

そのような考えから当サロンでは整体の途中にお話を聞かせていただくことは大歓迎です。もっとあなたのことを教えてください^ ^

その人のカラダに合った整体、ライフスタイルを尊重したアドバイスをしていく。

同じ腰痛だからと言って同じ場所を整体しても症状が改善されないことはよくあります。

人それぞれ動きのクセやカラダの特徴があるので、同じ場所の腰痛でも原因になっている場所が違うというのはある意味自然なことだと僕は思っています。

整体師としてプロ歴が浅い時は1つの技術を使うことで精一杯でどんな症状に対しても同じような施術をしてきました。

一定数そういう施術で改善されていく方はいましたが、やっぱりそれではヒット率が悪く5割程度。

野球で5割の結果を出せたら超一流!年俸40億くらい貰っても良いんじゃないか?と思ってしまうのですが僕らのようなプロの治療家は少なくとも7割8割くらいのヒット率は出したいです。

そのためにはみんな同じように調整していくというのは微妙で、その人のカラダに合わせて固さや歪みをとっていくことが早期改善の近道になってくるのだと過去の経験から感じています。

また日常でのアドバイスをする際に僕が大切にしていることは、クライアントさんの日常生活を尊重するということです。

どういうことか?と想像しにくいと思うのですが、あれをやってはダメ、これをしてはダメ、これは食べちゃだめ、お酒飲んではダメ。

というような厳しい指導はしないということです。

ある程度の摂生をし辛抱することはカラダをよくするためには大切ですが、しかしあれもこれもダメとなると生活が窮屈になりませんか?笑

僕だったらすごく窮屈になるし、なんなら全部言われた通り気をつけてます!と嘘をついてしまうかもしれません。笑

流石に僕も、毎日ラーメンを食べて、汁まで飲み干していたり、とんでもない量のお酒を飲んでいたりとか、明らかにカラダを壊すようなことをしていたら止めますが!笑

僕は短所を消すという指導法よりも長所を伸ばすという指導法が好きです。

それに僕はみなさんのライフスタイルがより快適に豊かになってほしいと願っているので、できるだけライフスタイルを崩さずそのクライアントさんに合ったアドバイスをしていきます。

もちろん場合によってはその人の生活に合わせていくことで症状が長引いてしまう方もいますが、無理して生活習慣を変えていくと長続きせず症状が改善してもすぐに生活習慣が元に戻り、結局ぶり返したり、あまり意味がなくなってしまうことが多いんですよね。。。

何をするにもそうだと思いますが、自分に合わないやり方、無理や我慢が溜まってしまうやり方は長続きしないしストレスを溜め込むだけだと僕は考えています。

1人サロンならではの臨機応変さを活かして小さな声にも的確に応えられるような整体ができるよう心がけています。

チェーンの整体院やスタッフがたくさんいる整骨院や接骨院では施術が統一されていることが多いです。キャリアの違いで腕の良し悪しはあるけれど、誰の施術を受けても同じことをするみたいな感じで。

スタッフをたくさん抱えるお店の院長からすれば技術を統一することは至極当然のことだと思います。例えばマクドナルドに行ったときに作った人の違いでハンバーガーの中身が違ったらおかしいですよね?笑

僕が運営している整体サロンシンユウはクライアントさんのお願いを聞いて頭蓋骨を長く調整したり、骨盤を長めに調整したり、ここをもっと動くようにしてほしい!というお願いを聞いたり、最近では小顔の調整をお願いされることも増えてきました。時間内であればトッピング自由!みたいな感じです。

今日のカラダの状態に合わせた整体をするのはもちろんなのですが、自由なトッピングのお願いに対応できるのも1人サロンならではだと思っています。

整体を受けた後のカラダの変化

1度調整を受けたからと言ってカラダのバランスがずっと維持できる。という魔法のような整体はありません。そもそも人間は変化というのを嫌う生き物です。それがカラダを良い状態にする変化であってもです。

カラダの調整をしバランスを整えても元の悪いバランスに戻ろうとしていきます。バランスが元の状態に戻りきる前にまた調整を受け、バランスの良い状態が当たり前の状況に持っていけるのが理想だと僕は考えます。

またカラダのバランスが崩れ関節や筋肉が固まると、全身の血流が悪くなったり、神経の伝達を悪くしてしまいます。

神経の伝達が悪くなるとカラダの感覚が少しおかしくなります。

異常なくらい肩・首周りが硬いのに肩こりを感じていなかったり、痛いくらい強い刺激じゃないと押されている気持ちよさを感じなかったり、カラダの不調を感じ取れなかったりするケースもあります。

カラダの不調を感じ取れないケースは圧倒的に男性の方が多く、男性はなかなか症状がひどくなってからお越しになることが多いです。男性はなかなか症状の歴史を刻んでからお越しになるので女性と比べて改善までに時間がかかることが多いです。

神経の伝達が悪くなりカラダの感覚がおかしくなっている方は、回数を重ねていくと神経の伝達が段々と良くなり、感覚が正常に戻ってくること多く、感覚が正常に戻ってくると、カラダの不調や変化に気づけるようになってきます。

不調やカラダの変化、異変に気づけるようになってくると症状がひどくなる前に対処できるようになり快適な生活を送るための大切なポイントになると僕は考えています。

またカラダのバランスが整うと今まで固まっていた関節が動けるようになっていきます。

動きが良い状態の時に無理のない範囲でたくさんカラダを動かしてあげたり、このタイミングで動作改善や姿勢改善をすると、負担が少なく快適なカラダに変えていくことができます。

そして関節がいつもより動く状態でたくさんカラダを動かしてあげると、調整した良いバランスがよりあなた仕様に馴染んでいきます。

せっかく整体で動かした全身の関節を家に帰って安静にしてまた固めないでくださいね!笑

メンテナンスの大切さ

車も不具合がなくても細かい調整やメンテナンスとして車検や定期点検があり、車検や定期点検は安全にかつ快適に車に乗るためにあります。

人間のカラダは車と違い不調があるからと言って、パーツの取り替えはできず替えがききません。足が痛いからといって、新しい足を処方された経験はないはずです。

バランスを崩した状態で長年を過ごしていくと、替えの効かないカラダのパーツがどんどん劣化、人によっては使われない部分も増えていき、この使われていない部分はもはや退化しているんじゃないか?というようなカラダをしている方もいます。

劣化や退化をさせないためには何かしら手を加える必要があると僕は考えています。

劣化しているんじゃないか?というほどバランスを崩している人にとってはメンテナンスというよりアップデートに近くなるのかもしれませんが。笑

メンテナンスの大切さは僕自身とても実感しています。

社会人1年目〜4年目くらいまで、人のカラダは調整するけど自分自身のカラダのことはかなりおざなりにしてきました。

今思うと、そんな人間が人のカラダを触ってメンテナンスを語るな!って話ですよね。笑

そんな僕自身がメンテナンスを大切にするようになった理由は僕らの業界の平均寿命を知ってからです。

みなさんはご自身の職業の平均寿命ってご存知ですか?僕ら整体師、治療家の平均寿命って70歳いくかいかなかくらいなんですよね。汗

僕はこの話を聞いて正直驚きました。こんな言い方はどうかなと思いますが、僕は延命とかしてまで長く生きたくはありません。しかし70歳はちょっと早いですよね。

できれば80歳くらいまで好きなことを思いっきりやって、亡くなる前日まで元気でいて健康寿命と寿命を一致させたい!

そんなことからカラダのメンテナンスをしてもらうようになるのですが、普段の整体の質も上がるし疲れ方も違う。そして何より1番感動したのは休みの日に元気でいられるということ。それこそメンテナンスというよりアップデートのような感覚だったかもしれません。

今までは休日に用事があれば重いカラダを無理やり起こして出かけ、用事がない日は、カラダがだるくなるくらいけっこう長い時間寝て過ごしていました。笑

そして休みの前日はお酒を大量に飲み、次の日午後に起きてまた追い酒する日もありました。丁寧にダメな生活を送っていた感じですね。笑

やっぱりカラダに元気がないから家から出たくなくなるわけで、常にカラダがいい状態だったらやりたいこと、気になるものの方向へ足を運ぶのが自然ですよね。

良いカラダの状態がニュートラルになるには、そこそこ時間はかかると思います。

個人差はありますが、それこそ定期的に調整をして1年とか2年。

しかし今まで何年、何十年と積み上げてきたカラダの歴史が数週間や数ヶ月で変わることはないのは想像がつくのではないでしょうか?

最近では、不調が起きてから対処するという時代から、事前に防ぐという予防医療の時代にもなってきています。

医療の発展により、いろんな薬や治療法が出てきましたがそれによって健康寿命が縮まっているケースも少なくありません。もちろん素晴らしい治療法や薬もたくさんありますが、健康のため!と思ってやっていたこと、飲んでいたものが健康から遠ざけていたら本末転倒ですよね。。。

生き物にとって最強の薬は免疫力であり自然治癒力です。切り傷や腰痛で痛いときに痛み止めを飲んで一時的に痛みを抑えることはできますが、あくまで一時的ですよね?

免疫力や自然治癒力を高めてどこかに問題が起きてもすぐに回復できる力、そもそも不調を寄せ付けないカラダにしていくことが1番だと僕は考えています。

LINE登録はこちら

PAGE TOP